[ズワイガニ]カニ鍋+雑炊、みそ汁、カニ味噌、ゆで

ズワイガニと他のかにとの大きな違いは、なんといっても脚でしょう。羨ましいほど細くすらっとしていて、長いのが特徴です。
北海道産が多いですが、日本各地で水揚げされています。水揚げされた地域によって呼び名が違います。「松葉ガニ」「越前ガニ」はよく耳のしますね。他にも「間人ガニ」「津居山ガニ」などがありますが、どれも同じズワイガニです。「香箱ガニ」はメスの名です。「オオズワイガニ」はロシア産です。「紅ズワイガニ」は小さめで身も少なく味が劣る為、下級品になってしまいます。
脚に色違いのタグがついているので、お店で確認してみて下さい。
タラバガニに比べてズワイガニは見た目の迫力は負けますが、味は繊細で甘く美味しいです。タラバガニと違ってかに味噌も美味しく頂けます。メスはオスより小さいですが、内子、外子が楽しめます。
ズワイガニは茹でて食べても美味しいですが、一度、かに鍋で食べてみて下さい。そして〆は雑炊にして下さい。やみつきになりますよ。
味噌汁にしても美味しいですし、味にクセがなく、さまざまな食材と相性がいいので、色々アレンジしてみるのも楽しいと思います。
個人的には、シンプルですが、茹でたかにをちょっと贅沢に食べるのが好きです。甲羅にかに味噌を乗せ、その上にかにの身を乗せて食べます。口の中いっぱいに幸せが広がります。しかしこの食べ方、我が家では大人気のため、いつもジャンケンで勝った人しか食べる事が許されません。

カテゴリー: カニ料理レシピ タグ: , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。