食べられるカニの種類

食べれるカニには、イソウオギガニ科のオーストラリアオオガニや、アカモンガニ科のアカモンガニ、オカヤドカリ科のヤシガニなどがいます。
オーストラリアオオガニは、オーストラリア南部やタスマニアに分布している、固有種です。つまり、オーストラリア南部にのみ生息しています。日本の市場で見かけた時はオーストラリアからの輸入ものです。このかに。甲羅が非常に大きいです。タカアシガニが世界最大ですが、甲羅だけなら、こちらのかにに軍配が上がります。なかなかお目にかかれないかになので、出会う機会があれば、ぜひ食してみたいです。
アカモンガニは、紀伊半島以南、ハワイ、オーストラリアなど広く分布しています。甲羅が水玉模様のようになっているので、分かりやすいと思います。赤紫色の斑点が11個あります。夜行性なので、沖縄で夜のダイビングをすると、お目にかかれるかも知れません。見た目は食欲は湧きませんが、茹でたり、蒸したりして頂くと、美味しいですよ。
ヤシガニは見た目はかにっぽくないかにです。ヤドカリ科ですからね。どちらかというと、大きいヤドカリみたいです。与論島以南、ハワイやインド洋に分布しています。沖縄でヤシガニを探す時は、十分注意が必要です。夜行性で、しかも、ハブがいる場所にヤシガニがいます。地元のガイドさんと同行する事を薦めます。ヤシガニは毒がある場合があるので、沖縄のお店で頂くほうが安心して美味しく頂けると思います。

カテゴリー: カニの種類 タグ: , , , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。