ワタリガニ、シマイシガニ、アカイシガニなどの食べ方、調理方法

アカイシガニ、シマイシガニ、ガザミ、タイワンガザミ、ノコギリガザミ、ヒラツメガニなどがワタリガニ科です。
アカイシガニは市場に出回る事はあまりなく、なかなかお目にかかれません。水深30メートルから100メートルの砂地に生息しています。甲羅は8センチから10センチ程なので、丸ごと茹でたり、唐揚げなんかにすると美味しいですよ。
シマイシガニは名前の通り甲羅が縦縞模様で、大阪の方では「虎ガニ」や「阪神ガニ」と呼ばれています。水深10メートルから70メートルの砂底に生息しています。主に西日本で水揚げされています。東南アジアでは有名で、中華料理によく使われます。
ガザミは「ワタリガニ」とも呼ばれ、有名ですね。湾内の砂底に生息していて、日本よりも、韓国や中国、台湾などで水揚げされる量が多いです。スーパーなどに並んでいるガザミは輸入物が多いです。雄は身が美味しく、雌は内子やミソが美味しいです。
タイワンガザミは国内ではガザミよりも獲れます。こちらも湾内の砂底に生息しています。雄と雌では甲羅の模様が違うので見分けるのは簡単ですよ。大きければ大きいほど美味しいです。
ノコギリガザミは河口やマングローブ、湿地帯に生息しています。国産のものでは沖縄で多く獲れます。蒸して食べるのが一番美味しい食べ方です。
ヒラツメガニは砂浜帯に多く生息していて、砂中にもぐっている事があります。甲羅の真ん中に「H」の模様があるのが特徴です。殻が柔らかいので、丸ごと茹でてそのまま食べれますよ。

カテゴリー: カニの種類 タグ: , , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。