タラバガニの食べ方、調理方法

タラバガニ、花咲ガニ、アブラガニ、イガグリガニなどがタラバガニ科です。
タラバガニは北海道、オホーツク海、ベーリング海、アラスカなどに分布し、水深30メートルから400メートルに生息しています。「鱈の釣れる場所にいるカニ」でタラバガニと言われるようになりました。スーパーなどで、茹でて冷凍したものをよく見かけますが、タラバガニはミソは食べられないので、脚だけのものを選んだ方がお得ですよ。
花咲ガニは北海道の東部、根室や釧路で水揚げされています。かには冬に食べるイメージがありますが、この花咲ガニの旬は夏です。なので、夏休みに北海道旅行へ行く機会があれば、ぜひ、道東まで足を運び、地元で獲れた花咲ガニを食べてみて下さい。濃厚で美味しいですよ。茹でたり蒸して食べるのもいいですが、地元で食べるなら刺身がオススメです。
アブラガニは見た目は非常にタラバガニに似ています。日本海、オホーツク海、ベーリング海などに分布しています。日本では水揚げされていません。甲羅を見ればタラバガニとの違いが分かりますが、茹でて脚だけのものは区別が難しいと思います。安値で売られているタラバガニはアブラガニと思っていいと思います。味は確かにタラバガニより劣りますが、味比べをしない限り大差はないと思います。
イガグリガニは東京湾から以南で水深180メートルから400メートル程の泥底に生息しています。見た目が毬栗のような細かく鋭い棘が多いので、食べるのは至難の業です。

カテゴリー: カニの種類 タグ: , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。