カニ料理レシピ

冬の食材の王道といえば、一番にかにが思いつくと思います。皆さんはどういう時にかにを食べますか?
お歳暮で頂く。通販で安く購入する。お店で食べる。食べ放題ツアーに参加する。久しぶりに実家に帰省した時、親が食卓に出してくれる。などなど。かに好きの日本人なら、食べる機会も多いと思います。
では、どんな食べ方が好きですか?
種類にもよると思いますが、新鮮なものなら生で食べたいです。が、なかなか生で食べれるようなかにには出会えません。お店に行けば食べれますが、しょっちゅう行けるものでもありませんよね。
大抵は冷凍もののかにが一般的だと思うので、茹でて食べる食べ方が多いでしょうか。
我が家でも親戚から茹でたかにを頂く事が多いので、そんな時はテーブルに新聞紙を敷き詰めて、調理ハサミを手に茹でたかにを各々好きに食べています。割り当てられたかにの足をとり、全てハサミで裂いて中身を皿に移し、箸でとって食べたり、一本一本味わって食べたり、息子はかに味噌しか食べなかったり。わたしの家族は肩肉を残すので、唯一私がそこを食べます。身が締まっていて一番美味しい所なんですけどね。
足の先の細いところは、味噌汁に入れてダシとして使います。
十分美味しいですよ。
通販でかにを安く購入した時は、チャーハンにしたり、カニクリームコロッケにしたり、冷蔵庫に卵がたくさんあればカニ玉にします。いつもはカニ味噌しか食べない息子でも、カニ料理にすると、喜んで沢山食べてくれます。
一般的にタラバガニや、ズワイガニ、毛ガニ、花咲カニなんかは有名ですが、食べれるかには他にもまだ沢山あるのをご存知ですか?かにによって茹で方なんかも若干変わってきます。
そんなかにの種類や料理レシピ、美味しさの差や解凍のコツ、豆知識なんかを紹介したいと思います。
高いお金を払ってお店に食べに行かなくても、自宅で十分美味しいかにが食べれます。
今年の冬はワンランク上のかにを食してみて下さい。

カテゴリー: カニ料理レシピ タグ: , , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。