カニの王様「タラバガニ」足の本数が8本のヤドカリ類、カニ味噌は食べられず。刺身やしゃぶしゃぶがオススメ

タラバガニといえば、かにの王様ですね。しかし。この王様。かにじゃないってご存知でしたか?見た目はかにですが、ヤドカリ類に分類されるんです。
では、かに類とどこが違うのか。
見た目で分かりやすいところは、まず、脚の数です。
かに類はハサミを含め10本で、ハサミも左右対称です。しかしタラバガニは8本で、ハサミは左右の大きさが違います。右側が大きくなっています。ちなみにアブラガニとの違いは、甲羅の心域と胃域の刺の数で見分けます。
タラバガニは心域の刺が6本。胃域の刺も6本。
アブラガニは心域の刺が4本。胃域の刺が9本です。
次にかにをひっくり返してみましょう。
下腹の部分にある「ふんどし」は、メスの場合大きく右側によっているように見えます。外子がある場合、「ふんどし」からはみ出している事が多いです。メスは滅多に手に入らないので、外子が見えたら迷わず購入したいですね。
味噌は残念ですが食べれません。茹でるとドロドロになってしまいます。
生で新鮮なタラバガニはぜひ刺身で食べてみて下さい。冷水に数分つけると、花が咲いたようになり、見た目も綺麗で迫力があります。しゃぶしゃぶも美味しいですよ。個人的には、こんがり焼いて食べるのが好きです。オーブントースターは両面焼きなので、簡単に美味しくできますよ。まず、脚の殻の上半分を取り、殻がついている方を下にし、オーブントースターに入れます。軽く焼き色が付いたら完成です。焼きすぎると固くなるので注意して下さい。

カテゴリー: カニ通販コラム タグ: , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。