カニの「ワケアリ」足折れ・甲羅に傷・不揃い・身入りにバラつき・甲羅に藤壺などの見た目の問題で、おトクな価格に

一般的には、「わけあり」という言葉は、表立っては言えない何かしらの良くない事情がある又はありそうですが、それがどういった事情なのかは明かさずに、含みを持たせて伝える場合にしばしば用いられます。
例えば、多少の瑕疵があるため正規品よりも値引きして販売されている商品や、不倫関係にある男女、あるいは不動産の事故物件などを指して使われたりします。

通信販売においてもここ最近よく使われ、以前は破棄されたり販売されなかったようなものでも「わけあり」として「正規品との違いを明記」することで、格安で販売されています。
消費者としては、その「わけ」が気にならない範囲であれば、正規品より格安であったり大容量なため、お得感があり広く人気があります。
販売する側としても、売り物にならなかったものが価値を生み出し、更に食品などでは「わけあり」でお試し感覚で味をみてもらうことで固定客に繋がるケースもあります。

カニの通販の場合では、「わけあり」とされているものは、足が折れていたり、甲羅に傷がついていたり、大きさが不揃いだったり、身入りにばらつきがあったり、甲羅にフジツボが付いていたりと、見た目の問題がほとんどです。
カニの場合は特に、丁寧に扱っていても、水揚げ時や加工時に傷がついてしまうものは必ず出てきてしまいます。
様々なわけがありますが、必ずその理由が明記されていますし、味は正規品と遜色ないのですから、贈答品ではなくご家庭で美味しいカニを沢山楽しみたい、お得に購入したいという方には嬉しいカテゴリーです。

カテゴリー: カニ通販コラム タグ: , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。