イワガニなどの食べ方、調理方法

イワガニやチュウゴクモクズガニ、モクズガニなどがイワガニ科です。
イワガニは北海道から九州まで日本各地の海に生息しています。キャンプなどで海へ行くと、子供達がイワガニを見つけ遊んでいます。甲羅に模様があるので分かりやすいと思います。こちらのカニは3センチメートル程しかなく小さい為、食するよりも鑑賞用がいいと思います。どうしても食べてみたい方は、味噌汁に入れてみて下さい。味は保証できません。
チュウゴクモクズガニは上海ガニとも呼ばれ有名ですね。主に中国や北朝鮮に生息しています。特定外来種に指定されているので、許可なく飼ったり売買したり出来ません。ヨーロッパやアメリカでも生態系に悪影響を及ぼしています。しかし、このカニ。蒸して頂くと非常に美味しいです。旬は秋です。雌はなんといっても内子ですね。雄はミソが美味しいです。身も美味しいのですが、脚が細い為、ちょっと食べづらいかも知れません。生食は危険です。寄生虫がいるため、必ず蒸すか茹でて下さい。
モクズガニはチュウゴクモクズガニと見た目が非常に似ています。しかし、モクズガニの方は北海道から九州、沖縄まで日本各地に生息しています。こちらも寄生虫がいるので生食だけは避けましょう。蒸すのが一番美味しいと思います。チュウゴクモクズガニと同じで旬は秋です。雌の内子、雄のミソが美味しいですよ。地域によっては、ぶつ切りにして汁物にしたり、炊き込みご飯などにして頂く所もあります。

カテゴリー: カニの種類 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。