「花咲ガニ」鉄砲汁が有名。刺身、塩焼きも

ハナサキガニは、エビ目・ヤドカリ下目・タラバガニ科に分類される甲殻類の一種で、タラバガニやアブラガニの近縁種です。
タラバガニと同様、生物学上はヤドカリの仲間です。
由来は、漁獲地である北海道根室の地名「花咲」からという説や、茹でると赤くなり花が咲いたように見えるからという説があります。
また、コンブの生えている海域に生息することから、「コンブガニ」とも呼ばれます。
形態は、全体としてはタラバガニと似ていて甲羅は丸みがありますが、幅は15cm程とタラバガニより小さく、甲羅の後部中央部分が少し凹んだハート型をしています。
タラバガニより棘は長く、脚は太くて短く体付きはずんぐりしています。
分布は、ベーリング海からオホーツク海沿岸、北海道周辺では太平洋側は納沙布岬から襟裳岬にかけて、オホーツク海側では根室半島付近に生息しています。
近縁のタラバガニやアブラガニに比べると分布域は狭く、集団で生活しているようです。
水深は200m程度までと浅い海底に生息しています。かつては乱獲により生息数が激減したこともあり、現在も漁獲量や漁獲対象などに様々な規制が敷かれています。
味わいは、ハナサキガニはくせと言うか風味と言うか独特の甘い香りがあります。
大味と評されることもありますが、脚の身は厚く、油分を多く含み濃厚で、好き嫌いの別れるところかもしれません。
大量に食べるには不向きとも言われます。茹でる他に、刺身や塩焼などで楽しめますが、ハナサキガニと言えば脚をぶつ切りにして味噌汁にする「鉄砲汁」が名物です。

カテゴリー: カニの種類 タグ: , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。