「紅ズワイガニ」独特の甘み。カニフレーク、カニクリームコロッケなどにも。価格も手頃

ベニズワイガニは、ズワイガニと同じくケセンガ二科に分類される大型のカニです。
形と大きさはズワイガニと瓜二つですが、体色が茹でる前から紅色をしており、これが名前の由来と言われています。
形態は、ズワイガニ同様、膨らみのある三角形の甲羅と、長くて細い脚を持ちます。
オスは甲羅の幅は大きいもので15cm程、脚を広げると70cm程になりますが、メスはその半分くらいです。
分布は、茨城県以北の太平洋や日本海、オホーツク海などで、生息水深はズワイガニよりずっと深く、水深500~2,500mもの深海に生息しています。
減少の著しいズワイガニに替わる資源として期待され漁獲されています。
以前は島根県での漁獲量が最も多かったのですが、ズワイガニ同様に資源の減少が著しく、現在は様々な漁獲制限が敷かれています。
味わいは、ズワイガニと比較され劣ると言われますが、独特の甘味があり美味しいそうです。
多くは、カニフレークやカニクリームコロッケなどに加工されて食されています。
ズワイガニに比べるとやや水っぽく、深海に生息しているためか鮮度の落ちが早いという難点はありますが、価格はズワイガニの約1/5と、安価で手に入れることができますし、新鮮がよく身入りもよいものであれば非常に美味しく頂けるかもしれません。
ゆでる他は、刺身や鍋でも楽しめます。ただ、ゆでて紅色になったズワイガニと見分けるのが難しいので、やたらと安いズワイガニを見かけたら、ベニズワイガニを疑ってみるのは賢明かもしれません。

カテゴリー: カニの種類 タグ: , , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。