「タラバガニ」カニの王様とも。茹で、焼き、刺身など

英名は「KingCrab」で、カニの王様とも言われますが、和名の「タラバガニ」は、生息域が鱈の漁場と重なることに由来するそうです。
一般的にはカニという認識ですが、生物学上はヤドカリの仲間です。
形態は、丸みのある甲羅は幅25cmくらいでH型のくぼみがあり、脚は広げると1mを超えるものもあります。
全身には短い棘状の突起があり、特にH型のくぼみの下に突起が6つあるのが特徴です。
タラバガニとよく似ていてしばしばタラバガニと偽って販売される「アブラガニ」には、突起が4つしかなく、見分ける際のポイントとなっています。
また、5対ある歩脚は、1対はハサミ、3対がいわゆる脚で、残りの1対はとても小さく見えにくいため、ぱっと見では脚が3対しかないように見えます。
分布は、日本海、オホーツク海、ベーリング海を含む北太平洋や北極海など水温10℃以下の比較的寒冷な海で、水深30~360mの海底に生息しています。
日本では主にオホーツク海で、底引き網や刺し網を使って捕獲されています。
ロシアから輸入したものは「子持ちタラバ」として流通していますが、乱獲により生息数が激減しているため、日本では法令でタラバガニのメスの採捕が禁止されており、基本的に売られているのは全てオスのタラバガニです。
味わいについては、割とあっさりしていますが、大きくて身も厚く食べごたえがあります。甲羅よりも脚に身が詰まっていて、茹でる他には、バーベキューなどで豪快に焼いたり、刺身で頂くのもお薦めです。

カテゴリー: カニの種類 タグ: , , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。