「タカアシガニ」沼津港で名物。長い脚が特徴

タカアシガニは、名前は見た目の長い脚に由来し、クモガ二科・タカアシガニ属に分類されます。
タカアシガニ属は1属1種のみで、系統的に古く「生きている化石」とも呼ばれます。
静岡県御前崎では「面ガニ」、静岡県沼津市では「死人(しびと)ガニ」、「平家ガニ」とも呼ばれています。
形態は、甲羅は最大で甲羅の幅30cm、甲羅の長さ40cm程の丸っこい楕円形をしていて、若い個体では甲羅の毛や棘が目立つが、成熟するにつれ目立たなくなります。
何といっても長くて細い脚が特徴的で、特にオスでは挟脚が脚よりも長くなり、挟脚を広げると3mを超すものもあり、世界でも最大級です。全身は鮮やかな紅色で、脚には白いまだら模様があります。
分布は、九州から岩手県沖までの太平洋岸で、日本近海の固有種と言われています。
水深200~800m程の深海の砂泥底に生息していますが、春の産卵期には水深50m程の浅瀬に移動し産卵します。
食性は雑食で、特に小魚などの肉類を好んで食べるようです。性格は大人しく、飼いやすい上にダイナミックな姿が目を引くため、水族館でよく展示されてもいます。
味わいは、深海に生息しているせいか、大味で水っぽいとも評されます。
水分が多いので茹でるよりは蒸す方が向いているようです。
でも、濃厚で、とても美味しいという声も聞きます。
ただし、大きすぎる為、自宅で調理する際は特別な機材が必要となります。
とくに、静岡県沼津港などの水揚げ港の地元では、観光の名物としてタカアシガニ料理を大々的に掲げています。

カテゴリー: カニの種類 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。