「ズワイガニ」松葉ガニ、越前ガニなどとも。カニ味噌が濃厚でおいしく、カニしゃぶ、カニステーキ、カニ鍋などにも

ズワイガニは、ケセンガニ科に分類される大型のカニで、由来は諸説あるようですが、漢字で「楚蟹」と書き、外見が木の幹から小枝が何本も伸びているように見えることから、細い木の枝を表す言葉「楚(すわえ)」が訛って「ズワイ」となったと言われます。
また、産地によってさまざまな呼び名を持ち、山陰地方では「松葉ガニ」、北陸地方では「越前ガニ」と呼ばれ、さらに松葉ガニの中でも京都府丹後半島では「間人ガニ」、兵庫県津居山では「津居山ガニ」、石川県では「加能ガニ」と呼ばれています。
そのほか、オスとメスでは大きさが全然違うため、エチゼンガニ、マツバガニ、ヨシガニ、タイザ(タイザガニ)などはオスを、メガニ、オヤガニ、コッペガニ、コウバコガニ、セコガニ、セイコ(セイコガニ)、クロコなどはメスを指す呼び名です。
知らないと名前だけでも混乱してしまいそうです。
形態は、膨らみのある三角形の甲羅と、長くて細い脚を持ちます。
オスは甲羅の幅は大きいもので15cm程、脚を広げると70cm程になりますが、メスはその半分くらいです。
分布は、オホーツク海から日本海沿岸、東北以北の太平洋側や北極海、太平洋、大西洋などで、水温は0~3℃、水深50~200mの海底に生息しています。
味わいは、冬の味覚の王様と言われる通り、まろやかな甘味がありジューシーで、カニ味噌も濃厚で最高に美味です。
ポーションは食べやすく、贈答用として最適ですし、カニしゃぶやカニステーキ、味噌汁、鍋など様々な料理で楽しめます。

カテゴリー: カニの種類 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。