「サワガニ」唐揚げ、佃煮、素揚げなど。小さいのでまるごと食べるのが一般的

サワガニは、サワガニ科・サワガニ属に分類されます。
日本の固有種で、綺麗な小川や沢などの淡水域に生息し、青白いものを「シミズガニ」と呼んだり、長崎県では「タンガネ」、徳島県では「イデンコガニ」とも呼ばれます。
英語ではJapanese freshwater crabと言います。
形態は、甲羅の幅は2~3cm、甲羅は滑らかでつるんとしていて赤茶色のものが一般的ですが、中には青白いものや紫がかったものもいます。
脚を含む体長も5~7cmくらいと、非常に小型で、ふっくらとして体の割に大ぶりのハサミも相まって可愛らしいカニです。
食性は雑食性で、水生昆虫や小魚、かたつむり、藻類と手当たりしだいに食べますが、逆にサワガニを食べる側の生き物も多く、イタチや猪、サギ、ヒキガエルなどは天敵です。
分布は、青森県か北海道からトカラ列島までとされ、種子島や五島列島、屋久島などに多く生息しています。
サワガニよりも広く分布する「モズクガニ」としばしば間違われることがあります。
水の綺麗なところにしか生息せず、水質階級1(最も綺麗な水)の指標生物でもあります。
日中は、河原の石の下や岩陰にじっと潜んでいて、夜になると活発に活動します。
雨の日には、日中でも水辺を離れて、近くの森林や路上を歩き回る姿が目撃されます。
食べ方としては、唐揚げや佃煮がポピュラーで、他には素揚げして和食膳の彩りとして副えたり、酒肴としても利用されます。
非常に小型なので、他のカニの様に茹でて身をほじくり出すのは不可能で、普通は殻のまま丸ごと頂きます。

カテゴリー: カニの種類 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。