「ガザミ/ワタリガニ」カニ味噌、内子が美味。茹で、焼き、蒸し、炊き込みご飯などに

ガザミは、エビ目・カニ下目・ワタリガニ科に分類される甲殻類の一種で、かつてはカニと言えばガザミを指す程、日本では古くから広く食されてきたカニです。
「ワタリガニ」という別名の方が有名で、他に「ヒシガニ」「カゼガニ」「オドリガニ」「ガンチン」とも呼ばれています。
なお、同じワタリガニ科のイシガニをワタリガニと呼ぶ地域もあります。
近縁類としては台湾ガザミ、ジャノメガザミ、イボガザミ、ナキガザミ、ヒメガザミなど数種類が知られ、いずれも食用とされています。
形態は、甲羅の幅は大きいものでは15cmを超え、全体は菱形で青みがかった色をしていて、白い水玉模様があります。
一番後の脚はオール状で、これを動かし器用に泳ぐことができます。雄は長く大きなハサミを持っています。
分布は、日本では北海道から九州、他に中国や韓国、台湾と広範囲に渡り、波が穏やかな内湾の、水深30m程までの浅い砂泥底に生息しています。
大きな敵が来ると泳いで逃げますが、普段は体の色が保護色となる砂泥底で、体を埋めて目だけを砂の上に出してじっとしていることが多いようです。
味わいは、旬となる秋から冬にかけて、身、カニ味噌、メスの卵巣(内子)を食すのが格別で、特に卵巣は濃厚で甘味もあって美味だそうです。
ズワイガニなどと比べ安価で売られていますが、味では引けを取らないとも言われます。
年間通じて捕れますが、夏は脱皮するカニが多いので美味しくありません。
ゆでる他に、焼きガニや蒸しガニ、更には切って入れるだけで格別のだしが出るため味噌汁、炊き込みご飯などでも楽しめます。

カテゴリー: カニの種類 タグ: , , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。