「アサヒガニ」カニ味噌が濃厚

アサヒガニは、アサヒガニ科アサヒガニ属に分類されるカニの仲間です。
他に、紅ガニやショウジョウガ二、鹿児島では「カブトガニ」、長崎では「ヨロイガニ」などとも呼ばれます。
縦長の甲羅と前かがみの姿勢が蛙に似ていることから、英語では「frog crab」と言います。
生きた化石として知られる標準和名の「カブトガニ」とは全く別物ですが、カニ類の中では原始的な形態を残すカニです。
形態は、とても個性的な形をしていて、甲羅の幅は15cmと大型で小さな棘が無数にあり、やや縦に長く台形のような形をしています。
カニですが横歩きではできず、前後に歩くがほとんどは後ずさりで、歩脚で砂泥を掻いて後ずさりながら潜って身を隠します。
分類上も、同じ属の生物は他に見つかっておらず、カニとヤドカリの間位に位置する特異な生き物です。
色は、、茹でる前から茹でガニのような鮮やかな紅色をしていて、茹でても色は変化しません。
分布は、南は沖縄から相模湾くらいまでで、漁獲量はあまり多くありませんが九州で多く食されています。
比較的温暖で、水深30~50mの砂泥底で、砂に潜ってじっと隠れていることが多く、貝類などを捕食します。
味は、身はほんのり甘くわりとアッサリしていますが、カニミソは非常にこってりしていて濃厚です。
脚の部分はほとんど身もなく食べられませんが、甲羅の中にぎっしり詰まった身とカニミソは食べごたえも十分で、非常に美味しいそうです。
茹でて食べる他、二杯酢につけて食べたり鍋等にも利用されます。

カテゴリー: カニの種類 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。